灯油タンクの凍結2 Freeze kerosene tank 2

Count per Day
  • 7この記事の閲覧数:

去年凍結した灯油タンク、今年も凍りました。
氷点下になると灯油タンクに混入している水が凍ります。タンクには水受けがあり、少量なら水はそこにトラップされてストーブ側に行かないのですが、水受け容器を越える量の水があったり、水受け部分の水が凍ってトラップできなくなると、混入している水がストーブ側に流れ、外気に触れるゴム管の部分で凍結し、灯油の流れをせき止めます。
この部屋は去年2回凍結しました。去年は結局オイルタンクを交換しました。
今回はオイルタンクを交換せず、
(1)灯油タンクから出ているゴム管にお湯をかけて氷を溶かす:これは佐藤泰裕CEOが行いました
(2)100%エタノールを灯油に混入する:エタノールの親水基が水と結合し、灯油と一緒にストーブに流れて燃える。ウオッカ等が燃えるのと同じ原理。
灯油タンクの内部で空気に触れている部分の結露が凍結水の原因です。ですので、灯油を満タンにした時に入居者に連絡を貰い、もう一度エタノールを投入することにしています。
私は職場で使っている100%エタノールを投入しましたが、親水基である-OHを持っていればH2Oと結合します。市販されている水抜き剤はイソプロパノールだそうで、酒税のかかるエタノールより安い。

The kerosene tank which was frozen last year, it freezed again this year.
When it falls below freezing water that is mixed in the kerosene tank freezes. There is a water reservoir in the tank, water is trapped there and does not go to the stove side if there is a small amount of water, but if the water wrapped is frozen, as if the amount of water is large, it will flow to the stove side, It frozen at the part of the rubber tube that runs.
This room was frozen twice last year. Last year I replaced the oil tank after all.
I did not change the oil tank this time,
(1) Melt ice by putting hot water on the rubber tube coming out of the kerosene tank: This was done by Yasuhiro Sato
(2) Mix 100% ethanol into kerosene: the hydrophilic group of ethanol combines with water, flows to the stove together with kerosene and burns. The same principle as vodka burns.
Condensation in the part that is touching the air inside the kerosene tank is the cause of frozen water. So, when you fill up kerosene, I will contact the tenant and I will decide to put in ethanol again.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする