再び売りに出たベイシス神楽

Count per Day
  • 40この記事の閲覧数:

ベイシス神楽
旭川市神楽4条2丁目
物件詳細はこちらから

再び売りに出されました。

値段は3年前と同じ1580万円。仲介業者も生活プロデュースビッグで同じです。

ここ、去年にチラシを配りに行っていまして、3年前は8戸中1戸だけ入居、現在は3戸の入居です。

3年後に売ることについて

・本当は売れていなかった

・減価償却費狙い(古い住宅は4年間だから、1年かけて売ろうとしているのか)

・入居率の低迷に嫌気がさした(でもゴミも含めて全然手を入れていなかった)

のいずれかでしょう。

悪くはないのだけれど、特に欲しいわけでもない。今度は売れるでしょうか。

2016年7月21日の記事

旭川市神楽の売り物件を見てきました。

 

http://www.iri.ne.jp/property/detail.php/b/100312485

ベイシス神楽

大きな建物ですが6戸だけです。現在の入居は1戸のみ。5戸は空き家。前日、この辺をうろついてアパートの入居状況を調べたところ、このベイシス神楽以外に空き部屋はほとんどありませんでした。

大家さんは内地の方

 

まずは上の見取り図の右側の真四角の領域から。

3LDK

広い

ところが長らく放置されていただけあって、原状回復が全然できていない。ここは1階、道路からすぐの部屋

ヤニ部屋です

対面キッチン。この物件を立てた頃は対面キッチンが流行りました。
キャッスル東光を買う前にも対面キッチンの売り物件を見たことがありますが、対面にするだけで余分な場所が取られてしまい動線や家具の配置が制限されてしまいます。

年期の入った流し台。悪くはないんですよ。でもこのくたびれた感じが良くない。

佐藤泰裕CEO登場。

佐藤泰裕(さとう やすひろ)株式会社タワーとして物件管理をしていた頃の写真。撮影は私、背景は私の職場横の空き地です。 反省点...

「どこに食卓を配置する?」と協議しているところ。流しの端から和室の入口まで距離が狭く、食卓が置けない。

奥に見える和室がなくて、居間がもっと広ければずっと使い出があるのに。

 

1階.隣の部屋に移った。

面対称のため、造りは同じ。

 

 

決して悪くはないんですよ。ですが良くもない。

 

次に絵の左のL字の造りの部屋に移動。2階です。佐藤泰裕CEOは1階の二つの部屋で物件を見切ってしまい、2階には来ませんでした。

 

ここの造りはいい。全く無理を感じない。流しの端から居間の突き当たりまでが長いので、食卓も置けそう

 

ガスはプロパン

 

和室。4.5畳

 

洗面台はこの部屋だけ新しいものが付けてある

水回りは奥にあります。

ネットでは4.5万で募集しています。見たところ、この2階の部屋なら4.5…でもちょっと高いかなと感じます。そのため内部では3.5万で募集しているとのこと。3.5万円でこの広さならお得です。

      

物件を買う方とすれば、3.5万で6戸なら年間252万円にしかならない。売値が1580万円ですので表面利率16%。あちこち修繕する必要があるので利回りは下がります。ネット通り4.5万円で全部入るとして325万/年。これでようやく表面利率20.5%です。

修繕費やら広告料(なにせ6戸中5戸が空室なので客付けをするにもお金がかかる)を考えると余り旨味はなさそうです。

それより大きな問題が駐車場。この物件は3LDKですから夫婦や子連れがターゲットです。クルマは2台持ってくるでしょう。ベイシス神楽の駐車場は夏なら8台停められるとのこと。ですが敷地に遊びがないため、8台だと雪をよけることもできない。すぐ横には私道があり、そこの雪も駐車場に押し付けられるようになったらさらに悲惨です。駐車場にはキャッスル東光で散々悩まされてきました。

私はちょっと考えてもいいかな、駐車場を探そうかなと思っていたのですが、佐藤泰裕CEOと妻が全く乗り気でなかったので、購入はやめました。

イギリスのEU離脱で、景気が落ちる可能性が出てきました。プチバブル沈静化する時こそ買いあさります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする