個人事業主が読んでおくべき本(2020年5月)

Count per Day
  • 4この記事の閲覧数:
不動産経営は事業です。通常は個人事業主となります。 私が読んできた本の中でオススメを紹介いたします。 第1位 小さなお店をつくって成功する法...

 

前回の記事から1年経ちました。順番にも変化があります。


不動産経営は事業です。通常は個人事業主となります。

私が読んできた本の中でオススメを紹介いたします。

第1位 小さなお店をつくって成功する法

1年経とうが10年経とうが古典中の古典です

小さなお店をつくって成功する法

20年以上経って売れ続けています。すでに古典です。

2013年頃に買って、一度売って、2015年7月に再度購入

初版が1995/3/30ですので21年経ってまだ絶版とならずに売られています。

この本はすごい。成功した人の歩みがよくわかります。

「身内からお金を借りてはいけない」「ビジョンのない店は潰れる」「知人に手伝わせる時は上下関係を明確にする」など、珠玉のアドバイスが溢れています。恋人関係や夫婦のあり方もあちこちにちりばめられています。

 これから店を持つ人だけでなく、新規に事業を興す人にとってもとても有益な本です。お薦め。

Law to succeed by making small shops

Buy it around 2013, sell it once, buy again in July 2015

Since the first edition is March 30, 1995, it has been sold 21 years later without out of print.

This book is amazing. I can understand the progress of successful people.

“You should not borrow money from yourself”, “Shops without a vision are collapsed”, “When you need help to acquaintance you clarify the relationship between the top and bottom” advice is full of gems. Lovers relationships and wedding couple are also scattered around here.

It is a very useful book not only for people with shops but also for those newly developing business. Recommended.


第2位 ビジョナリーカンパニー2

 

こちらにも書いています。

圧倒的な説得力で、経営とは何かを教えてくれる、素晴らしい本です。

個人事業主として最も重要な記載は「針鼠の概念」です。

情熱:こんなに楽しいことをずっとできるなんて幸せ

経済」好きなことやっているのにこんなにお金をもらえてしわせ

世界一:これならトップに立てるかもしれない。この世界一について大切なことは、「自分はどうすれば世界一になれるのか」(現状の改善)ではなく、「自分が世界一になれる部分はどこか」(能力の理解)を考えることです。

例えば、北海道滝川市で不動産会社を始めるとしましょう。人工4万人の町で、主だった不動産屋さんは4件あり、飽和状態です。ここで考えます。仲介はアパマンショップが最大手で、ホームメイトもあります。売買はどこの会社も手広くやっています。足りないのは何か聞き取りしたところ、管理会社だということがわかりました。さて、自分で管理会社を作りますか。

↑これは実話です。コスモ黄金の管理会社を探しているときにあちこちで聞いたことです。私なら東京のコールセンターと手を結んで管理会社を立ち上げます。競争のない、独占企業になれますから。

そのほか、第五水準のリーダーや弾み車を押し続けることなど、会社を始める前でも始めてからでも絶対役に立つ内容が含まれています。


第3位 

改訂版 金持ち父さんの起業する前に読む本: ビッグビジネスで成功するための10のレッスン (単行本)(日本語) 単行本 – 2015/8/6

ご存知ロバートキヨサキの本です。

内容は起業に特化しており、単純かつとても理解しやすい。お金を追うのではなく仕事を追うことの必要性を説いています。第2位のビジョナリーカンパニー2も、この本で紹介されていたので買ったものです。

新しいところは2冊だけでした。また良い本を見つけたら掲載します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする