書評☆☆☆☆ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階 (日本語) 単行本 – 2010/7/22

Count per Day
  • 8この記事の閲覧数:

ビジョナリーカンパニー2が素晴らしかったので3も入手して読んでいました。

これは今ひとつです。衰退の5原則はよくわかりますが、本にも書いてあるように各企業を統一できるような規則性がないらしく、かなり苦しい展開になっています。チャーチルの功績を長々と述べているのはページ稼ぎでしょうか。

内容はよくできていますし、納得できるものでもありますが、この無理やり本にした感じが嫌で星3個としました。


2020/5/27

1度目に読んだときはそれほどでもないと思ったのですが、2度目に読んだときには納得できる部分が多くなったので星4つとしました。

衰退の5段階は
第一段階:成功から生まれる傲慢
第二段階:規律なき拡大路線
第三段階:リスクと問題の否認
第四段階:一発逆転の追求
第五段階:屈服と汎用な企業への転落化消滅

とされています。

このシリーズの特徴である、綿密な分析に加えて歴史的事象によって理解を促す記載方法で、誰にでも理解しやすい本になっています。

このシリーズは全部で4冊出ています(特別編を加えると5冊)。全て複数回読み返しています。確かに売れるだけのものはあります。

ですが、最も役に立つのはシリーズ2作目です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする